appleの学割は嘘ついてもバレる?必要な証明書や親の代理購入について

apple製品

まずAppleで学割購入する際の代理購入は可能です。代理購入の対象になるのは子供の進学が決まった保護者のみになります。またその保護者も学割購入できますのでAppleを購入する際は学割で購入するといいでしょう。

学割での購入の際に学生証や合格の証明書は必須なので確認の為に持っておいてください。確認するタイミングはあまりないと思われますが一切ないという訳ではありません。確認することがありますので必ず用意しておいてください。

ちなみにApple製品を学割購入する場合も、楽天市場でこのAppleギフトカードを購入してそのAppleギフトカードをApple IDに登録後楽天リーベイツ経由のAppleストアで購入すればさらに安く購入することができます。

Appleの学割購入に関する口コミを見ると、以前までは学割に関する確認がザルで学生でなくても購入できたといった口コミもいくつかありました。

仮に学生と嘘ついて購入しても確認があった場合は嘘をついてもバレてしまいます。なので嘘をついて購入するのはやめましょう。学生でない方は通常で購入してください。代理購入も保護者以外の方が購入するのもやめましょう。

スポンサーリンク

appleの学割で嘘ついて購入してもバレる理由

先程も仰ったように学生だと嘘ついて購入しても確認がありますので不正購入はバレます。Appleでは学割での購入の際に2回確認があります

1度目は購入時、2度目は購入し自宅に到着した後に確認を求められます。店頭やネット注文でも同様です。学生の確認が一切ないこともありますが全くない訳ではありません。学割で購入する際、学生証や証明書を提示する用意はしましょう。

もし学割購入の嘘が発覚しますとそのApple製品の正規品よりも更に高い金額を請求されます。また詐欺行為に当たりますので最悪な場合、法的措置を行う場合がありますので学生でない方は通常で購入してください。代理購入で保護者以外の方が購入した際もこちらに該当することがあります。「知らなかった」「何も分からなかった」では済まされませんのでご注意ください。

appleの学割購入で不正購入がバレたらどうなる?

こちらも先程仰いました通り、不正購入がバレますとAppleの正規品より高い請求が来ます。その価格は正規品の約3倍と言われております。

20万円のMacBookを学割で購入し、後に嘘だと発覚するとその3倍の60万円の賠償請求がされるということになります。これは過去に発覚した事例になりますが発覚した場合それくらいの請求が来てもおかしくないと思われます。

勿論、学生だと偽って購入するのは詐欺行為に当たり犯罪です。最悪な場合、法的措置を取られる可能性もあります。その為、学割を不正利用するのはやめましょう。
安さを求め、学生と嘘をついて購入し、それがバレて大幅に請求されるくらいなら普通に購入した方が安いと思います。

appleの学割は証明書が必要な場合も!必要な証明書は?

Appleの「学生・教職員向けストア」から購入した際は自動的に学割が適用されるので証明書などの提示は必要ありません。場合によって口頭で確認することもあります。

こちらはAppleストアなどの店頭での購入の際にあります。しかし購入後に改めて確認されることがありますので用意しときましょう。

適用される証明書は在学している学生証、もしくは進学先の合格証明書など本人確認ができているものになります。これらの提示は全くない訳ではないので確認の際、用意しておきましょう。

親の代理購入はOK!

冒頭にもありました通り、保護者の代理購入はOKとなります。

Appleの学割が適用されるのは大学生、専門学生、予備校生(進学先が決まっている方も該当します)だけではなく教職員、PTA役員(または今後役員になる方)、学生の親も該当しております。

このようなことから代理購入はOKとなっております。しかし代理購入する際は知人はNGです。不正購入の疑いが出てくるので代理購入の際は必ず親でお願いいたします。

代理購入の例として子供の進学が決まったプレゼントとしてApple製品を送るということもあります。その際に学割を利用しときましょう。

apple製品を定価よりも安く購入する方法

Appleの「学生・教職員向けストア」だけではないところでもApple製品を安く購入することがきでます。学生でない方はこちらを利用すると良いでしょう。

大きく分けると2つ該当します。

・Apple整備済製品を利用する
・ポイントサイトを利用する

まずApple整備済製品はAppleの初期設定の際に不備があると新品同様に作り直してまた販売します。その際に正規品の値段より安くなることがあります。車でいうところの新古車のような感じになります。ただ、数がありますのですぐになくなることがあります。購入の際はお早めに。

ポイントサイトは所謂ポイントサイトを利用しての購入ということです。楽天、Amazonギフトカードなどポイント制を行っているサイトはどれも該当します。こちらは上手くいきますと同サイト(主に楽天)の中で複数のポイント取得が可能になっていきますのでポイントを上手く貯めることができればネットなどで安く購入することもできるでしょう。300文字以上

まとめ

いかがでしょうか?
Apple製品を安く購入できるのは学生だけではございません。「学生・教職員向けストア」も学生限定のように捉えがちですが実際は教職員や保護者、PTA役員も該当することになります。

そうでない方も最後の方法を上手く利用すれば購入することができます。
決して嘘ついて購入することはやめましょう。後々バレますので。

また安く購入できるといっても大幅に安くできる訳ではございません。商品によりけりですが大体は10?15%前後安くなります。
自分のお財布と相談し、よく確認を取ってから購入に踏み切ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました